個展をするなら、Instagram広告を試してみるべし!

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

10月に花おっさん展をやってみての振り返り記事が、絶賛滞り中ですなw

そうこうしてるうちに2023年が終わってしまうわ。。。

振り返って気づいたこと、感じたことのリストは、こちらの記事に挙げてます↓

2回目の花おっさん展、やってみて思ったこと

この中の「インスタ広告は効果絶大☆」について、今日は少し詳しく書きます。

言うても、この言葉のとおりってだけなんですがw

5月の初個展でも、今回も、初めましてさんが来られたときは、折を見て(いきなりは話しかけません。)

「何をご覧になられて、ここに来られましたか?」

と、必ず尋ねるようにしていました。

理由は2つ

今後、個展をする際に、どの手段で告知するのがいいかを知るため

そして

この質問って案外、初めましてさんとの会話の、自然なとっかかりになるから

です。

この質問への答えとして多かったのは

「ONtheさんのSNS」

「Peatixの告知」

そして

「Instagramの広告」

でした。

今回、会場としてお世話になったONtheさん、SNSでたくさん告知してくださいまして、それをご覧になって来てくださった方が結構いらっしゃったんですよ。

「Peatixの告知」というのも、ONtheさんがPeatixに告知を掲載してくださってたようで、これまたONtheさんサマサマです。

ほとんどONtheさんの発信力に助けられての花おっさん展でしたが、私ももちろん、自分であちこち告知を出していました。

5月の花おっさん展に続いて、今回も

こくちーず

個展なび

に告知を出しましたが、私の場合は合わないようで、全く効果なし。

(これは、作風やターゲット層にもよると思います。)

今回はInstagramでの広告も試してみました。

これが思いのほか効果があったようです。

「Instagramを見ていたら、広告が流れてきて、なんだか気になったので来てみました」

という方が、数人いらっしゃったんですよ☆

いや〜、嬉しかったです!

広告を出している期間中に私のアカウントを新たにフォローしてくださった方も、結構いらっしゃいました。

おそらく、広告を見て花おっさんに興味を持ってくださったのでしょう。

広告は有料ですが、言うても私、1万円くらいしか出していません。

私みたいな駆け出しの場合、より良い作品を生み出す努力はもちろん大事だけど、よりたくさんの人に自分の作品を知ってもらう努力も、同じくらい大事。

1万円程度で、新しい出会いがこんなに叶うなら、これほどコスパのいい投資はないよなって思いました。

ただし、ただやみくもに広告を出せば効果が得られるかというと、そうではないのでしょう。

今回、SNSでの告知用の画像を、プロのデザイナーの佐々木英昭さんに作っていただいて、それがいい感じにインパクトがあった、というのも大きかったと思います。

なので

個展をするなら、少しくらいお金を出して、Instagramの広告を利用するべし!

ただし、それ用の画像も、いい感じのものをプロに作ってもらうべし!

というのが、10月の花おっさん展で私が確信したことです☆


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください