【10/14・15 大阪・梅田】花おっさん展〜地球にやさしいヒーローたち〜

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

なんか気づけば開催まで1ヶ月を切ってたので、告知させていただきます!

10月14日(土)と15日(日)の2日間、大阪の梅田で「花おっさん展」を開催します☆

「花」と「おっさん」、一見相容れない2つを融合させた、クセ強めの作品たちが、この世界をちょっとだけ平和にします☆

花おっさん展〜地球にやさしいヒーローたち〜

10月14日(土)・15日(日)

10時〜17時

会場  ONthe UMEDA

大阪市北区曽根崎2-16-19 メッセージ梅田ビル1階

ワタクシ鶴園に基礎疾患があるので、マスク着用にご協力ください♡

「”花と女性”や“花と若いイケメン”の組み合わせはいっぱいあるのに、なんで“花とおっさん”はないの?」

ネットに溢れる写真や絵を見て疑問に思ったのが、「花おっさん」を描きはじめたきっかけです。

花といえば、「そこに在るだけで美しくて愛されるもの」のシンボル。

かたや、特に今「おっさん」と呼ばれている世代の男性の多くは、 幼い頃から

「(男たるもの)力があってナンボ」

「役に立ってナンボ」

「競争に勝ってナンボ」

というモノサシの下で育てられ、世間も彼らにそういう目を向けてきました。

愛されるためには、力を見せつけなければいけない、役に立つ人間にならなければいけない、人より優れていなければいけない

だから、自分が愛されるに値することを証明するため、周りを力でねじ伏せ、権力や財力を追い求め、やたらと競争に走る

結果、愛されるどころか、周りを傷つけ、疎まれ、孤立する・・・

本当は、力なんて誇示しなくても、競争なんてしなくても

人は誰でも、存在そのものが美しく、愛されるに値するのに。

おっさんたちも、私たちも、そのことに気づき、お花のように生きはじめたとしたら?

戦争も、自然破壊もなくなって、もっともっと平和で、優しい世界になるのでは?

作品に登場するのは皆、実在するおっさんです。

私の、この奇妙な創作活動のために、モデルを快く引き受けてくれた、心優しいおっさんたちです。

鎧を脱ぎ、お花をまとった彼らの「勇姿(?)」を、笑いながら愛でてください。

あなたの頭上にも、地球にやさしいお花が咲くことでしょう。

今回は、最新作を含めた約20作品を展示します。

原画だけでなく、アートブックやグッズも、販売いたします。

リアルで頭からお花を生やしての(!?)記念撮影もしていただけます。

愛ある笑いで満たされる時間を、ぜひ体験しにいらしてください。

レポ記事は、こちら↓

2回目の花おっさん展、やってみて思ったこと


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメント2件

  • 良知 由扶子 より:

    ずっと気になってました〜

    みやちゃんの「花おっさん」シリーズ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください