やっぱり個展の搬入・搬出は、1人ではムリ!

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

昨年10月に、人生2回目の個展をやってみて、気づいたことを少しずつ記事にしてアップしております。

このシリーズの出発点の記事は、こちら↓

2回目の花おっさん展、やってみて思ったこと

記事の追加がなかなか進みませんが、今日は

というお話をしたいと思います。

これはね〜、5月の初個展でも思い知ったはずなんですけどね〜。

なにせ、4人の人に手伝ってもらっても、5時間近くかかりましたから。

でも、まだちょっと、舐めくさってたw

10月の個展は、5月よりも作品は少なめだし、会場も少し狭いし、ピクチャーレールもあるから、前ほど展示に手間取らないだろうと思ってたんですよ。

とはいえ念のため、1人の人にお手伝いに来てくれるよう、お願いはしていました。

だけど、その人が体調不良で来れなくなり

「それならそれで、私1人でもなんとかなるかな?」

と思ったんです。

このときちょうど、うちの相方が、職場で遅めの夏休みを取っていました。

そしてその相方が

「オレ暇やし、手伝いに行こか?」

と言ってくれたんです。

「いや〜、1人でも大丈夫やけどな〜」

と思いつつ、手伝ってもらったところ・・・

うん、頼んで正解でしたわ!

これ、1人でやろうとしてたら、絶対ドツボにハマってました。

2人でも、結局4時間かかりましたもん。

なので、最終日の搬出も、相方に手伝ってもらいました。

搬入も搬出も、たとえ作品数が少なくても、誰か自分以外の人と一緒にしたほうがいい

そう思います。

自分1人だと、作業が大変というのもありますが

展示の仕方とか、作業の段取りとか、自分の頭の中だけで考えながら進めてると、そのうち迷子になって固まっちゃうので。

自分以外の誰かのサポートは、絶対必要だわ。

ならば☆

これからは、他の誰かが個展をする際にも、私からお手伝いを申し出てみよう

と思ったんですよね。

なんか、発想のベクトルがちょっと変わってるかもですがw

ちょうどそのタイミングで、同じ木村創作室の仲間のゆうちゃん(芝田優子さん)が人生初の個展をすると聞きました。

そこで

「お手伝いさせてくれ!」

とお願いし、会期前日の今月12日、お手伝いに押しかけました。

そしたら、同じく仲間のようこちゃん(前川洋子さん)も来ていて、3人でワイワイと準備しました☆

お手伝いしてみて、また1つ分かったことがあります。

それは

ということw

展示しながら、その人の作品をものすごく間近に観れるし

自分とは違う、人それぞれの展示の仕方なども知れて、勉強にもなります。

なので

これからも、私の友人や知ってる誰かが個展をする際には、お手伝いを申し出てみよう♪

と思いました☆

「あ、私も、近いうちに個展するよ☆」

という方は、ぜひお声がけください♡


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください