「ONthe UMEDAで個展をして大正解だった!」理由5つ、挙げてみた☆

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

10月14日・15日の花おっさん展のフィードバックを、記事として投稿してから、半月近くも経ってしまいました^^;

2回目の花おっさん展、やってみて思ったこと

いや、いろいろとバタバタしてたのよw

でも、ようやく落ち着いてきたので今日は、半月前のフィードバック記事の中で挙げてた「ONthe UMEDAさんはサイコー!」の5つの理由を、書いてみます☆

自分の作風や作品を観にきてほしい人の層などと、開催する場所がマッチしているかどうかって

満足のいく個展ができるかどうかに、思いのほか大きく影響するんだな〜

って、5月と10月、それぞれ違う場所で花おっさん展をやってみて、思い知らされました。

今回お世話になったONthe UMEDAさん

花おっさん作品のテイスト(正統派のアートとはいえない、もっとPOPな、というか、イロモノ系w)や

観にきてほしい人の層(ふだんアートに馴染みのない、ごく普通の人たち)と

ばっちりマッチしていました。

でも、それ以外にも、私が「サイコー!」と感じた具体的な理由は、こちらです↓

1.展示がしやすい

5月のときは、全部押しピンに額縁の紐を引っ掛けて展示しました。

押しピンの上下や左右の位置を、いちいち測って決めないといけなくて、それが大変だったんですよ^^;

でもONthe UMEDAさんのギャラリースペースは、ピクチャーレールが使えて、しかも壁は全面タイル張り。

ピクチャーレールのワイヤーの位置を決めて、そこに作品を掛ければ、全て綺麗に縦に並んでくれるし

上下の位置も、タイルの目地が目印になってくれるので、いちいち測って確認しなくても済みました。

キャンバスなどのあまり重くない作品なら、両面テープでの展示も可能です。

壁がタイルなので、少々強粘着のテープでも大丈夫みたいですよ☆

あと、ONthe UMEDAさんは、コワーキングスペースもあって、そちらへのエントランス部分にも、展示できました。

こちらも、ピクチャーレールが使えますが、今回は釘で展示しました↓

2.通りすがりの人が入りやすい

ONthe UMEDAさんは、阪急東通商店街の目と鼻の先にあります。

地下のショッピング街「ホワイティうめだ」から直接上がって来れる場所でもあります。

「ホワイティうめだ」からの入り口↓

ギャラリースペースは、買い物客や旅行客が行き交う大通りに面した1階。

なんぼ大通りに面してても、画廊とかだと、アートに馴染みのない人は、入りづらかったりするじゃないですか。

だけど、ここはごく普通の、ガラス張りのスペースなんですよ。

だから、花おっさん展のことを全く知らない人も、通りすがりに「なんじゃこりゃ?」と目につくのか、けっこう入ってきてくれました♪

初日に会場をオープンしてすぐに、外国人(たぶん、韓国の人?)のグループがふらっと入ってきたのには、驚きました!

(言葉が通じなくて焦った!)

この後も、白人のカップルとか、来られましたよ☆

3.告知をバンバンしてくれる、そして効果バツグン!

ONthe UMEDAさんは、もともとコワーキングスペースがメインのところなので、ビジネスとか集客とか、そういったノウハウもしっかり持っていらっしゃいます。

自社の活動をたくさんの人に知ってもらうために、SNS発信も積極的にされています。

なので、花おっさん展の告知も、いろんなところでしてくださいました!

ONthe UMEDAさんの告知を見て、来てくださった方、多かったです。

おかげで、たくさんの素敵な出会いに恵まれました♪

ONtheさんの告知の効果については、こちらの記事でも少し触れています↓

個展をするなら、Instagram広告を試してみるべし!

4.コワーキングスペースの利用者さんも興味を持ってくれる

何度も言いますが、ONthe UMEDAさんは、コワーキングスペースがメインの施設です。

コワーキングスペースには、ご自身でビジネスをされている方もいれば、サラリーマンでリモートワークをされている方、資格試験のため自習をしに来られている方もいらっしゃいます。

そういった方たちの中にも、「あれ?ギャラリースペースで、何か変な絵が展示されてるぞ?」と覗きにきてくださる方がいらっしゃいました。

あ、そうそう

「花おっさん」って商標登録までしてるんです。

この手続きを行なってくださった弁理士の川島祥一さんも、来てくださいましたよ☆↓

私が弁理士さんを探しているときに、川島さんを紹介してくださったのも、ONthe UMEDAさんです☆

5.とにかくめっちゃ盛り上げてくれる!

こちらで花おっさん展をさせていただくことが決まったときからずっと、ご担当くださった中山さんも、朱さんも

「楽しみです!」

と、ことあるごとに言ってくださってました。

自分がやろうとしていることに対して、「楽しみ!」「面白そう!」と思ってくれている人がいると思うと、やる気も勇気も膨らむものですね☆

最初は、「まあ、リップサービスやんな」みたいに思ってたんですが

(もうすっかり心が汚れきった大人なのでw)

繰り返し(しかも、ホンマに嬉しそうに)言われてるうちに、どんどん気持ちがポジティブに、盛り上がっていきました。

個展の準備って、すごく不安でいっぱいなんですよ。

2ヶ月前くらいから、毎日、明け方に不安や恐れで目が覚めてしまうくらい。

でも、中山さんと朱さんのお二人が、「楽しみです!」とポジティブな言葉で、気持ちを盛り上げてくれたおかげで、本当に楽しくやりきることができました♪

会期中は、中山さんと朱さんと私のグループLINEまで立ち上げてくれて、そこでもいっぱい盛り上げてくれました。

来場者さんの記念撮影用に、頭につける大きなお花の小道具を用意してたんですが

初日に中山さん自ら進んで、それをつけてくださいましたw↓

朱さんは、土日はお仕事お休みで、当日つけてもらうことはできませんでした。

ですが、後日、この小道具とご自身の写真を合成して、送ってくださいましたw↓

いや、可愛すぎるやないかいw

この次、ONthe UMEDAさんで花おっさん展をするときは、朱さんもぜひ、リアルで小道具をかぶって、一緒に写真撮ろうね〜♡


なんか、ONthe UMEDAさんを褒め殺す記事になっちゃいましたがw

あくまで、私の「花おっさん」のテイストや観にきてほしい人の層、私が考えていた戦略に、ONthe UMEDAさんがマッチしていたということであり

誰の個展でもここがいいというわけではありませんが

たぶん私は、また次も(大阪市内でするなら)、ここで花おっさん展をすると思います☆

ONthe UMEDAさんの

ギャラリースペースの案内ページ

「もうちょい詳しく説明を聞いてみたい」「見学したい」という方は、お問い合わせフォームから問い合わせてみてね♡


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください