似合いすぎるお花は、ボツにしますねん

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

「おっさんに盛り付けるお花は、どうやって選んでるの?」

って、よく訊かれます。

最初のころは、それなりにいろいろ考えてたんですよ。

おっさん本体を描いた後に、余白を見て、ここにどういうシルエットのお花を入れれば、バランスが良くなるかな?って考え

そのシルエットに合うお花をPinterestなどから探してくる、とか。

これなんかは、そうでしたね↓

ダジャレみたいな発想でお花を選ぶこともありました。

ビール飲んでるおっさんが

「はあ〜、極楽やあ〜♪」

って言ってそうだったので、盛り付けるお花を極楽鳥花にしたり、とか↓

でも大抵は、もっとシンプルというか、テキトー(笑)です。

何の気なしにお散歩してるときやネットサーフィンをしてるときに、ちょいちょい目についたお花を、そのときに描いてるおっさんに、合う合わない考えず盛り付けてる感じです。

タイゾウさんのときは、モデルをお願いしに行ったときに、「白いお花が好き」みたいなことをおっしゃってたのが頭にちょびっと残っていて

ちょうどタイゾウさんを描いてる時期に、毎日のお散歩道にクチナシの花がいっぱい咲いていたので、クチナシを選びました↓

とめさんにいたっては、送ってもらったお写真に、たまたまグラジオラスが一緒に写ってたから、それにしたっていう。。。w↓

ただし、私の中で

「グラジオラスといえば、燃えるような赤やろ」

っていうのがあったので、色は変えましたが↓

そんな感じで、お花選びは、ほんまテキトーです。

ただ1つ、めっちゃ意識してることがあります。

しっくりハマすぎるお花は、むしろ採用しない

ということ。

似合ってない、でもまったく合っていないわけでもない、っていう微妙な違和感というか、微妙な気持ち悪さが、じわじわとクセになるかな〜と思い、そこを大事にしています。

まあ、そもそも、おっさんにお花がしっくりハマることなんて、滅多にないのでしょうけれどw

そんなわけで、ここ最近描いていたクエンタさんには、この時期ウチの周りにいっぱい咲いていて、お散歩のたびに私の意識にぐいぐいアピールしてきたサルスベリを盛り付けましたよ☆↓

描いてる途中の動画もどうぞ♡↓


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください