忘れられがちな春の花

こんにちは〜☆

花おっさん画家の鶴園みあです^^

先週あたりから気温も上がってきて、や〜っと春ですね〜!

今の時期、皆さんが注目する花といえば、「桜」じゃないでしょうか?

どれくらいまで咲いてるかとか、いつ満開になるねんとか、めっちゃ気になりますよね。

まあ、春がやってきて早々に、わっさ〜と咲いて、わっさ〜と散る桜って、めっちゃ派手というか、わかりやすく目立ちますもんね。

でもね、例年その派手さに紛れて、忘れられがちな春の花があることに、お気づきでしょうか?

それは、「桃の花」です。

梅はまだいいんですよ。

春が来るか来ないかくらいの、桜がまだ開花の気配も見せていないタイミングに、先頭切って咲くので、そこそこ注目されます。

だけど、桃はというと、「桃の節句」と呼ばれる「ひな祭り」に絡めて、少し思い出してもらえるけど

この時期には桜が今にも咲きそうな気配を見せるので、みんなの耳目は桜にぜ〜んぶ持っていかれる。。。

桜が満開を迎える少し前から、桃の花も最盛期に入るのに、あまり注目されないまま、毎年終わっていきます。

いや〜、そう考えると、なんか切ないですね〜w

ちょうど今、こ〜んなに綺麗に咲いてるのにね〜↓

「源平」っていう品種なんかは、1つの木に、赤、ピンク、白の3色の花が咲くのですよ。

桜に負けないくらい華やかでしょ↓

こんなにも美しくて、魅力的なのに、あんまり注目してもらえないんですよ。

これって、「おっさん」にも通じるものがあるな〜

って、思いましてん。

可愛い、綺麗な、女性とか、イケメンとかは、わかりやすく華やかなので、注目してもらいやすいですが

その陰に隠れて、「おっさん」は注目してもらいにくい。

「おっさん」にだって、おっさんの可愛さや美しさ、そして面白さ、味といった魅力が、いっぱいあるんですけどね〜^^;

そんなわけで今回は、桜ではなく桃の花を、おっさんに盛り付けました↓

タイトルは「気分は桃色」

英語では、”Feeling Peachy”

”Peachy”って、素晴らしいとか、すごく良いとか、めっちゃ幸せとか、そんな感じを表すそうです。

(スラングらしいけど。)

今回は、カラー筆ペンと水性色鉛筆とポスカで、お花を描きました。

(珍しくダーマトグラフが登場せず。)


    メルマガ「花おっさん通信」

    個展やグッズ販売等、作家の活動についての最新情報をお届けします。
    (月2回程度配信)

    購読されたい方は、こちらからご登録ください↓


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください